日銀の仕組み

日本の中央銀行である日銀のことについて

政府の金庫番

日本政府は日銀に当座預金口座を持っており、この口座を通じ、制菌の収納や公共事業や年金の支払い、国債に関する入出金などの国の様々な資金の受払いに関する業務を行っています。

金庫



この政府の当座預金口座にある国の資金は政府預金として預けられていて、この国の資金のことを国庫金と呼んでいます。


とはいえ、この国庫金は、国に関わるすべての入出金に関わっていて、取引の種類や件数があまりに膨大となっているため、国庫金の受払いを行う代理店を全国の民間金融機関に委嘱しています。</p>


この代理店にもいくつかの区分があって、国の官庁と取引を行い、国庫金の受払い、国債の元利金の支払いなどの事務を取り扱うのが一般代理店、国庫金の受け入れのみを扱うのが、歳入代理店・歳入副代理店といい、国庫金の受け入れのみを扱うのが、国債代理店・国債元利金支払取扱店となっています。